沖縄 嘉手納町の工事現場で不発弾破裂 自衛隊により回収

消防によると、13日09時25分頃、沖縄県嘉手納町の道路工事現場で「工事現場で白煙が上がった」と通報があった。白煙が上がる直前に、パワーショベルが障害物にぶつかったという。

警察によると、この障害物は不発弾で、付近で行われていた掘削工事で不発弾に触れてしまい、煙が上がったという。10時頃には破裂したが、11時30分に自衛隊によって回収された。付近の交通規制は13時05分に解除された。また、破裂によるけが人はいなかったが、女性従業員1人が体調不良を訴え、救急搬送された。

2009年には糸満市でも、工事中の不発弾による爆発事故が発生しており、沖縄県は「工事前には磁気調査を行う」ことや、「不発弾らしきものを見かけたらすぐに最寄りの交番・警察署へ連絡する」ことを呼びかけている。(JX通信社/FASTALERT)

 

 

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
ライフライン

沖縄 石垣市で停電 約2200戸 沖縄電力

一般ニュース

沖縄本島 一時3万8,000戸超の大規模停電 沖縄電力

一般ニュース

新型コロナ 沖縄県で新たに353人感染確認 先週土曜は486人

ライフライン

沖縄 八重山地方で約1,250戸の停電 沖縄電力

一般ニュース

新型コロナ 沖縄県で新たに486人感染確認 先週土曜は1198人

事故

国道58号で車2台の事故 1台横転 1人けが 沖縄・北谷町