常磐道 落下物を踏んだ乗用車が中央分離帯に突っ込む 7人けが 茨城‪・‬土浦市

26日21時15分頃、常磐自動車道(上り)・土浦北IC〜桜土浦IC間で事故の通報があった。

消防によると、乗用車の前を走っていた車両の積荷が道路上に落下して、落下物を踏んだ乗用車がパンクし、そのまま中央分離帯に突っ込んだという。この事故で、7人乗りの乗用車に乗っていた7人がけがをした。このうち1人は中等症程度、6人は軽傷程度とみられる。

NEXCO東日本によると、22時35分頃から、常磐道は土浦北IC〜桜土浦IC間の上り線で通行止めとなっている。22時50分時点で、通行止め解除まで3時間以上はかかる見通しだとしている。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
火災

茨城 神栖市東和田の工場内でフレコンバッグが燃える 1人搬送

火災

茨城 取手市宮和田の空き家で火災 炎と黒煙上がる

火災

茨城 古河市仁連で建物火災

事故

圏央道で車5台の追突事故 4人搬送 境古河IC〜五霞IC間で上下線通行止め

一般ニュース

モバイルSuicaで障害「チャージできない」

事故

常磐道 守谷SA付近で車同士の追突事故 1台炎上 茨城