和歌山県に線状降水帯発生 災害発生に厳重警戒 気象庁が顕著な大雨に関する情報を発表

気象庁は2日12時01分、和歌山県北部で線状降水帯が発生し、非常に激しい雨が同じ場所で降り続いていると発表した。

命に危険がおよぶ土砂災害や洪水による災害発生の危険度が急激に高まっているとして、警戒するよう呼びかけている。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

ブルーインパルス飛行で客殺到 15人以上が熱中症で病院に救急搬送 京都・宮津市

一般ニュース

近畿・中国が梅雨明け いずれも平年より2日遅く 気象庁

火災

和歌山 紀の川市上野の住宅で火災

一般ニュース

和歌山 新宮市で気温38.7℃を観測 県内7月の観測史上最も高く

ライフライン

関西電力管内で需給ひっ迫のおそれ 各電力会社から最大138万kWの電力融通へ

一般ニュース

和歌山 新宮市で気温35℃到達 和歌山県内ことし初の猛暑日に