九州地方に線状降水帯の予測情報 30日午後から1日午前にかけて

気象庁は30日、30日午後から1日午前にかけて、山口県を含む九州北部地方と九州南部で線状降水帯が発生し、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があると発表した。

同庁は、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけている。(JX通信社/FASTALERT)


最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
気象・災害

九州北部(山口含む)に“線状降水帯”の予測情報 14日午前中から午後にかけて

事故

UBE宇部ケミカル工場で「フェノールという劇物が漏えいした」と通報 7人が劇物浴びたか

事故

国道2号で車3台絡む事故 3人けが 山口・防府市

事故

山口 萩市高佐上で軽自動車が横転 1人搬送

一般ニュース

山口 萩市で気温35.2℃を観測 県内ことし初の猛暑日に

火災

山口駅近くで火災 煙上がる