この冬一番の寒気 四国地方でも24日から25日かけて大雪警報級の可能性も

気象庁は20日、24日から25日頃にかけて、四国地方で大雪や荒れた天気となるところがあり、冬型の気圧配置や、寒気の南下が強まった場合は、警報級の大雪や大荒れとなるおそれがあると発表した。強い冬型の気圧配置となり、四国地方の上空約1500メートルには、氷点下12度以下のこの冬一番の強い寒気が流れ込む見込み。

20日11時現在の情報で、徳島県・愛媛県では、24日と25日に大雪警報級の可能性があるとしている。

気象庁は、大雪や雪を伴った強風および高波により、交通機関などに影響が出るおそれがあるとして、今後の気象情報に留意するよう呼びかけている。

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに361人感染確認 1人死亡 先週木曜は417人

一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに420人感染確認 1人死亡 先週水曜は552人

一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに572人感染確認 5人死亡 先週火曜は727人

一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに101人感染確認 3人死亡 先週月曜は173人

一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに357人感染確認 先週日曜は583人

一般ニュース

新型コロナ 徳島県で新たに417人感染確認 3人死亡 先週土曜は678人