森永乳業 ヨーグルトを自主回収 大腸菌群が混入の可能性

森永乳業は19日、グループ会社の横浜森永乳業で製造した「トリプルヨーグルト砂糖不使用 カップ製品 100g」に、大腸菌群が混入した可能性があることから、商品を自主回収すると発表した。これまでに、体調不良などの健康被害に関する報告は入っていないという。回収の対象となるヨーグルトは、1都8県(東京都、栃木県、群馬県、茨城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県)の1870個で、賞味期限は2022年06月04日。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中