JR総武本線の踏切で送電設備が破損 運転見合わせ区間は千葉駅〜佐倉駅間に拡大 アームを引っかけた車両は逃走か

4日9時22分頃、千葉市若葉区のJR総武本線の踏切で「近くで作業していたら大きな音がした」と110番通報があった。目撃者の話では、音がした時に踏切付近にはユニック車の姿があったという。

警察によると、ユニック車のアームが踏切上の送電設備に引っかかったとみられ、通報を受けた警察官が現場の踏切に駆けつけた頃には、該当車両の姿はなく、警察が逃げた車両の行方を追っている。

JR東日本によると、現場は都賀駅〜四街道駅間の鎌池踏切で、送電設備のパーツに破損が確認されたため、復旧作業に伴う送電停止のため、12時26分頃から運転見合わせが千葉駅〜佐倉駅間に拡大された。この影響で、成田空港アクセス特急「成田エクスプレス号」も運転できない状態となっている。12時30分時点で、全線運転再開は16時30分頃を見込んでいるという。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
火災

千葉 市川市高谷新町の整備工場で火災「事務室の机と椅子が燃えてくすぶっている」

ライフライン

千葉 市川市と松戸市で停電 約3080軒 東京電力

火災

千葉市若葉区高根町で火災 黒煙上がる

事故

国道126号でトラックと自動車の事故 1人搬送 千葉市若葉区

火災

千葉市稲毛区の共同住宅で火災 炎と黒煙上がる

事故

商業施設の立体駐車場で車が壁に衝突 屋上から地上にコンクリ片が落下 1人転落 千葉市稲毛区