鹿野川ダムで放流中 流入量の増加継続の場合は毎秒1000トン以上の放流へ

国土交通省によると、肱川水系の鹿野川ダムでは2日07時50分現在、毎秒600トン程度の放流が継続している。

07時20分には洪水貯留を開始していて、放流量を上回る流入はすべてダムに貯蓄している状況。

ダムの管理所によると、その後も流入量が増加している場合は、放流量を1150トンまで速やかに増加させるとしている。

下流域では氾濫の危険性があるため、自治体の情報に警戒するよう呼びかけている。(JX通信社/FASTALERT)

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
ライフライン

NTTドコモ 中国・四国エリアで通信障害 データ通信に影響

一般ニュース

四国地方が梅雨明け 平年より2日遅く 気象庁

ライフライン

KDDIで通信障害 四国エリアの一部で電話・データ通信が利用しづらい状況に 現在は復旧

気象・災害

国道197号で土砂崩れ 通行止めに 愛媛・大洲市

気象・災害

松山城付近で土砂崩れ 住宅が巻き込まれる

火災

愛媛 松山市小栗で火災「炎が見える」