大分空港に米軍のオスプレイが緊急着陸

大分県などによると、16日16時30分頃、米軍のオスプレイが大分空港に緊急着陸した。

航空機の飛行状況を提供するウェブサイト「Flightradar24」によると、羽田空港からのソラシドエア95便が大分空港に着陸できず、上空で一時旋回待機をしていた。

大分空港に米軍のオスプレイが緊急着陸するのは2017年9月以来で、今回が2度目となる。米軍のオスプレイは、今月14日にも奄美大島と石垣島にそれぞれ緊急着陸している。(JX通信社/FASTALERT)

関連ニュース: 奄美大島と石垣島に米軍のオスプレイが相次いで緊急着陸

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

山口含む九州北部地方が梅雨明け 平年より3日遅く 気象庁

気象・災害

九州北部(山口含む)に“線状降水帯”の予測情報 14日午前中から午後にかけて

事故

大分市敷戸北町で路線バスと車の事故 1人けが

一般ニュース

大分 佐伯市で気温35.2℃を観測 大分県内ことし初の猛暑日に

気象・災害

九州北部に“線状降水帯”の予測情報 27日夜から28日午前中にかけて

気象・災害

九州北部(山口含む)に“線状降水帯”の予測情報 27日夜から28日午前中にかけて