九州北部地方に線状降水帯に関する予測情報 5日夜から6日午前にかけて

気象庁は5日、九州北部地方で、5日夜から6日午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があると発表した。

大型で強い台風11号が、5日夜から6日朝にかけて対馬海峡を通過する見込みで、西日本を中心に6日にかけて暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼びかけている。特に九州では厳重な警戒が必要だとしている。

西日本では台風周辺の暖かく湿った空気や太平洋高気圧の縁を回る暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定となる見通し。

6日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は
九州北部地方 40m/s(60m/s)
九州南部、四国地方、中国地方 25m/s(30m/s)
北陸地方、北海道地方 23m/s(35m/s)
奄美地方、近畿地方 20m/s(30m/s)

九州北部地方では不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。

6日12時までに予想される24時間雨量は多いところで
九州南部、四国地方 300mm
九州北部地方 250mm
東海地方 150mm
奄美地方、中国地方、近畿地方 120mm

九州北部地方では、線状降水帯が発生した場合に、局地的にさらに雨量が増えるおそれがあるという。

(JX通信社/FASTALERT)

*九州北部地方:山口県、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県、長崎県。

最新の情報はで提供中
同じ地域のニュース
一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに214人感染確認 先週月曜は361人

一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに339人感染確認 先週日曜は497人

一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに434人感染確認 先週土曜は379人

一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに371人感染確認 先週金曜は636人

一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに374人感染確認 2人死亡 先週木曜は725人

一般ニュース

新型コロナ 山口県で新たに506人感染確認 2人死亡 先週水曜は873人