TIMELINE

中米諸国歴訪の経由地としてアメリカに立ち寄り、議員などと交流した、台湾の蔡英文総統は、15日夜、台湾に戻りました。台湾政策を見直す可能性を示唆しているトランプ次期政権と、それに神経をとがらせる中国の駆け引きが続く中、蔡総統が情勢の変化にどう対応していくのかが課題になっています。

2017-01-16 06:10
蔡 英文(さい えいぶん、ツァイ・インウェン、1956年8月31日 - )は、中華民国(台湾)の政治家。次期中華民国総統当選者。現在、民主進歩党主席(第12-13・15代)。同国行政院副院長(副首相に相当)などを歴任した。 Wikipedia
1ヶ月前 平野 浩

台湾蔡英文総統は8日、米テキサス州ヒューストンでクルーズ上院議員と会談。クルーズ氏は会談終了後米国と台湾を二つの国家と表現。さらにクルーズ氏は中国が会談前にテキサス州議員に対し、蔡氏に会うなという書簡を送ってきたことを暴露。中国は必死に火消しをしているが、事態は悪化するばかり。

2017-01-10 21:41
2ヶ月前 上念 司

@liyonyon 中華民国の蔡英文総統をお招きして南京で慰霊祭やればいいと思います。それで、ダライラマ法王お招きして大法要やるんです。当時の当事者同士が不戦の誓いをする一大セレモニーとしましょう!!ちなみに、中共は日本と戦争してないので、参加しちゃダメです。

2016-12-09 07:51
2ヶ月前 西村幸祐

12月2日のトランプと蔡英文との電話会談は事件だ。しかも戦後秩序の担い手、キッシンジャーの北京訪問の日。これは戦後秩序の変化だ。 『シナ来たるべき崩壊』の著者ゴードン・チャンは中国共産党が猛抗議したのは米が台湾の主権を認めたからだと言う。日本は9条を捨てて台湾との同盟を急ぐべきだ

2016-12-05 13:55
2ヶ月前 Meet The Press

米副大統領予定者のマイク・ペンス、台湾の蔡大統領からドナルド・トランプへの電話連絡は「ご挨拶」以上のものではないとコメント

2ヶ月前 梓弓

蔡英文総統からトランプ次期大統領への電話で挑発したからチャイナが台湾に攻めてくるーって言ってるリベラルが馬鹿でチャイナの犬すぎる。まだ大統領じゃない非公式な電話程度で武力紛争になるなら、米国が台湾に武器売却した時点で戦争になっとる。紛争が起こるかどうかはバランスオブパワーの問題。

2016-12-04 20:46
2ヶ月前 平野 浩

トランプ氏と蔡英文総統の電話会談実現。これをお膳立てしたのは、保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」の創設者のエドウィン・フルナー氏。彼とプリーバス共和党全国委員長は10月に訪台し、当選前の蔡英文氏に会っている。これは対中外交を有利に進めるための中国への牽制である。

2016-12-04 08:13
2ヶ月前 山際澄夫

トランプ次期米大統領と蔡英文台湾総統との電話会談をNHKは〈波紋が広がっている〉として中国の台湾非難を紹介、さらにトランプ外交には〈ほかにも不透明な部分がある〉という。自由世界の連携強化を、なぜ素直に喜べないのか。いつもの媚中が祟って中国の視点からしか世界が見えないのではないか。

2016-12-03 19:57
キャンセル 無料でダウンロードする
NewsDigest(ニュースダイジェスト) ニュース速報と災害地震情報が届くライフライン型アプリ