TIMELINE

13分前 masanorinaito

今になって、トランプ政権の米国でも、欧州各国でも、まるでイスラム教徒をテロリスト扱いし、差別し、排除しようとしている。かたや彼らの母国、中東では内戦や戦争によって、西欧的な国家体制そのものが危機に瀕している。それを軍需産業と結託して悪化させているのが米、ロ、仏、英諸国である

2017-02-27 03:51
37分前 masanorinaito

だが、米国でのトランプ政権の誕生は、シリアの今後に非常に不確定な要素をもたらした。シリア北部の極左勢力PYDをオバマ政権は支援してきたが、トランプ政権がそれを継続すると、トルコが完全に敵に回ってしまう

2017-02-27 03:27
4時間前 Shoko Egawa

今朝の読売新聞が米エマーソン大が今月7日に発表したという世論調査を紹介。ニュース・メディアを信用できると答えた人は39%、トランプ政権を信用できるとした人は49%。う~む。メディアは信用できない、と答えるのがトレンドなのだろうが、それにしても、トランプ政権の信用度が5割近いとは!

2017-02-26 23:44

安倍首相とトランプ大統領の会談は、各社の調査から支持率増加要因と見ていいと思う。それなのに会談を挟んで下がっているというのは、会談後にもっと大きな減少要因が来たという可能性が浮かぶ。もちろん誤差には留意しておく必要はあると思う。

2017-02-26 23:08
8時間前 堂本かおる

「トランプ、報道陣との恒例の夕食会を欠席」って、あれは料亭で鍋を囲む夕食会じゃなくて、タキシード、イブニングドレスで何百人参加で全米生中継される晩餐会。

2017-02-26 19:41
9時間前 SailorR

【それでも日本はアメリカについていきますか?】宮台真司「日本以外の先進国はどこもトランプから距離を取ろうとして、そうしないと国が憤激し政権を追われる。日本ではアメリカ追従で7割近く続く民意が他国と違う。こんな国は日本以外全くない。それが許される民度ということ」。#daycatch

2017-02-26 18:13
11時間前 中山俊宏

トランプ大統領のCPACへの初年度参加はレーガン以来、そしてホワイトハウス記者団晩餐会は異例の欠席、そしてバノンのCPACでの確信犯的な発言。バノンには革命の足音が聞こえているんだろう。CPACに議員たちがほとんど参加していないのも印象的。

2017-02-26 16:56
15時間前 黒井文太郎

自分はプーチンは極めて「有能」な指導者だとの評価です。ただし、多くの罪なき人々の命を奪う命令を下した近年稀に見る大量殺人犯です。
自分はトランプに対して好きとか嫌いとかの関心ありません。ただ、情報リテラシーとインテリジェンスの扱いが政治指導者たるには致命的に欠けているとの評価です

2017-02-26 13:02
キャンセル 無料でダウンロードする
NewsDigest(ニュースダイジェスト) ニュース速報と災害地震情報が届くライフライン型アプリ