南スーダンPKOー自衛隊「駆けつけ警護」新任務

独立後なお内乱の続く南スーダンに対し、2011年に国連安保理では「地域の平和と安全の定着」及び「南スーダン共和国の発展のための環境構築の支援等」を任務とする国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)を採択。日本は2012年から自衛隊の派遣を行っている。政府は15日、安全保障関連法案に基づく新任務「駆けつけ警護」を可能にする実施計画を閣議決定した。駆けつけ警護は、自衛隊員が離れた場所にいる国連や民間活動団体(NGO)職員らが武装組織に襲われた場合の救援にあたるもので「極めて限定的な場面」で実施するとし、比較的情勢が落ち着いている首都ジェバとその周辺に限定した。また安倍首相は「PKO参加5原則が満たされている場合も、隊員の安全確保が困難であれば撤退を躊躇しない」と述べ、自衛隊員のリスク軽減に努める考えを示した。

写真:UNMISS/flickr

TIMELINE

6ヶ月前 AP通信

南スーダンの砲撃の場から、たくさんの遺体が首都ジュバの病院へ運び込まれた、と医師が述べた

BREAKING: Scores of bodies from South Sudan gunfire brought to hospital in capital, Juba, doctor says.

2016-07-09 16:59
8ヶ月前 BBC

内戦を停止する合意の一部として南スーダンの反政府指導者リエック・マチャルがジュバに戻り副大統領に就任

9ヶ月前 Conflict News

未確認のジェット機、ソマリアのジュバ川低地域にあるアル・シャバブ基地を爆破。負傷者の有無は不明 - HussienM12

11ヶ月前 新華社通信

特集:中東の平和に貢献し続ける中国のPKO部隊、「ブルーヘルメット」 - 新華社 | English.news.cn

キャンセル 無料でダウンロードする
NewsDigest(ニュースダイジェスト) ニュース速報と災害地震情報が届くライフライン型アプリ