TIMELINE

三笠宮(みかさのみや)は、大正天皇の第4皇子崇仁親王の宮号である。 三笠宮の宮号は、1935年(昭和10年)12月2日に崇仁親王が成年式を行った際に賜ったもので、阿倍仲麻呂の和歌「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」に出てくる奈良の三笠山にちなんで命名された。同時に大勲位に叙せられている。 Wikipedia

安倍晋三首相が三笠宮さまの訃報を受け発表した「謹話」の最後に「慎んで心から哀悼の意を表します」。「慎んで」は「控えめに」との意味なので「謹んで」が適切でしょうが、発表通りに書くかどうか夕刊各紙対応が割れました。毎日新聞は早版で「慎んで」だったのを、遅番で「謹んで」に直しました。

2016-10-27 17:09
3ヶ月前 amenbo

三笠宮さまは紀元節(現在の建国記念日)を神武天皇即位の日という架空の物語と断じその後の国家神道やそれを利用した戦争につながって行ったことを厳しく指摘し先の戦争についてもたくさんの批判的な著述を残している。フォークダンスやスケートを楽しむお姿だけでなくそうした事柄も紹介して欲しい。

2016-10-27 09:28

プーミポンアドゥンラヤデート国王のご逝去の報に接し、タイ王室と国民の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。

My heartfelt condolences to the Royal Family and people of Thailand on the passing of His Majesty King Bhumibol Adulyadej.

2016-10-13 21:20
  • 1
キャンセル 無料でダウンロードする
NewsDigest(ニュースダイジェスト) ニュース速報と災害地震情報が届くライフライン型アプリ