TIMELINE

3週間前 Britain Elects

労働投票者の63%は、労働党がEU離脱を止めると言ったら、「喜ばしい、嬉しい」と感じる。

イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票(英語: United Kingdom European Union membership referendum)は、イギリスにおいて2016年6月23日に実施された、同国が欧州連合(EU)を離脱すべきかどうかを決めるための国民投票である。結果として欧州連合からのイギリス脱退問題、いわゆる Brexit (ブレグジット、Britainとexitを合わせたかばん語)に発展する事態となった。 投票権は、イギリスおよびジブラルタルの有権者およそ23000人にもたらされた。開票の結果、残留支持が16,141,241票(約48%)、離脱支持が17,410,742票(約52%)であり、離脱支持側の僅差での勝利となった。投票率は約72%であった。バーミンガムやシェフィールドといった都市でも離脱派が僅差で勝利した。背景にはEU政策に対する不信、移民流入問題があるとされる。 勝敗の決め手は英国に流入する移民のスケールの大きさであった。2004年以降EUがさらに拡大するに従い英国に移住する移民の数が上昇し、労働市場では移民との競争が起き、公的サービスにも負荷がかかった。そして政治家が移民問題をうまく対処出来なかったことが有権者の不満を増大させ、EU離脱に票を投じさせる要因となった。 離脱派の勝利をうけ、フランスでは国民戦線の代表マリーヌ・ルペンが、オランダでは自由党の党首ヘルト・ウィルダースがEUからの離脱の是非を問う国民投票の実施を求めた。 離脱派が勝利しスターリング・ポンドが暴落したことを受け、中華人民共和国からの大勢の観光客が英国を訪れて買い物をするとみられている。ブリティッシュ・エアウェイズのオーナーであるインターナショナル・エアラインズ・グループによれば、ポンド安で来英観光客が増加する見込みだという。この観光客の増加はバーバリーやMulberryのような英国の会社にも恩恵をもたらすと考えられており、2016年6月29日にはバーバリーの株価は約6%上昇した。 離脱派の勝利以降、FTSE100は2016年6月27日には6000未満にまで下がったが、その後回復し6300以上となり一週間も待たずして国民投票以前の水準にまで戻った。 国民投票の約40日後にはFTSE100は過去12か月で最高値を記録し、FTSE250についても国民投票以前の値まで回復した。 2016年7月の失業者数は前月に比べて約8600人ほど減少した。 Wikipedia
1ヶ月前 The Scotsman

EU離脱に関する英議会下院の「重要な」採決で政府が敗北、テリーザ・メイ首相に大打撃

1ヶ月前 BBC

EU離脱の投票後、純移動率が減少

ダニエル・ヌイ・ECB銀行監督委員長は6日のEU財務相理事会で、英国のEU離脱後に英国外に拠点を移転する方法について、これまでに50近い銀行から問い合わせがあったと述べました。そして、多くの銀行は計画の策定を先送りしており、このことをECBは危険視しているようです。(~ロイター)

2017-11-07 09:24
キャンセル 無料でダウンロードする
NewsDigest(ニュースダイジェスト) ニュース速報と災害地震情報が届くライフライン型アプリ